和食メインの食事

毎日の食事からも、眠りのためにできることがあります。
食事を変えることで、眠りの質を高めることができます。
寝つきが悪いと、睡眠の質も低下しがちですから、食事も変えられる範囲で改善してみると効果がアップするのではないかと思います。

 

それは毎日の食事を洋食ではなく和食にすることです。

 

和食というと思い浮かぶのは、ご飯に味噌汁、メインが魚料理でサイドメニューに納豆や豆腐の豆類と煮物や漬物と言った野菜類と海藻の酢の物といったのが一般的ですよね。

 

こういった和食には、眠りをさそう栄養素が含まれているのです。

 

和食にはトリプトファンという栄養素が含まれています。トリプトファンは体内でセロトニンに変化し、さらに分解されてメラトニンを作ります。

 

セロトニンとメラトニンは、睡眠の質を高めると言われています。その元となるトリプトファンは、体内で合成されませんから、食事からとる必要があるんですね。

 

和食のメニューにはトリプトファンが含まれているので、自然とトリプトファン取れるから、睡眠の質がよくなるというわけなんですね。

 

睡眠の質を改善する食材

トリプトファンが多く含まれている食材は、魚やレバー、乳製品、大豆製品、ナッツ類などのタンパク質を多く含むものです。
そして、摂取したトリプトファンからセロトニンとメラトニンを作るために、ビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムを同時に摂取する必要があります。

 

ビタミンB6は、卵、バナナ、さつまいもに多く含まれています。
ナイアシンは豚肉に、マグネシウムは、ごぼう小豆、そば、ホウレンソウ、ネギ、小麦胚芽に多く含まれています。

 

これらの食材を組み合わせて献立を考えると良さそうです。
手っ取り早く取るには、味噌汁が良さそうですよね。

 

会社勤めをしていると、一日3食を和食にするのには無理かもしれませんので、毎日の食事にお味噌汁を加えるというのは良いアイデアだと思います。
トリプトファン、ビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムを含む食材を上手に組み合わせて、美味しいお味噌汁を作れば、楽しく改善できそうです。